視力を強制してくれる医療の機器であるコンタクトは、一度装着すれば、ずれて物の大きさが変わることがありません。

ここに注意!コンタクトの正しい使い方
ここに注意!コンタクトの正しい使い方

視力を矯正する医療器具でコンタクトはものの大きさが変わらない

ここに注意!コンタクトの正しい使い方
理科の実験などにおいて、非常に小さいものを見るときに、それを拡大する道具を使ったことがあります。
一番手軽なのは虫眼鏡です。

新聞の字など、小さい文字のものでも拡大して見ることができます。
ルーペを使うこともあれば、顕微鏡でものを観察することもありました。
この時、実際の物の大きさよりも拡大することになります。
小さい蟻も、非常に大きく見えることになります。
それと同じように考えると、大変なことになるかもしれません。

視力を矯正する道具にメガネがあります。
日常生活においてずっとかけている場合もあれば、新聞などを見るときだけ使うこともあります。
それによって生活はしやすくなるのですが、同じ物の大きさが変化することがあります。
それは、メガネがちょっとしたことでずれるからです。

ずれないような工夫はされていますが、スポーツなどをすればずれます。
ただ歩いているだけでもずれることになります。
ものの大きさを正確に見なければいけないときは困ります。

同様に視力を矯正する医療の道具として、コンタクトレンズがあります。
目の中に装着しますから、物の大きさが変わるようなずれ方はしません。時々、横にずれたりすることはあっても、前方に浮き上がったりなどはそれほどないのです。

ものの見え方として、変化することはありません。最初に視力などを測って、適切なレンズを処方してもらえば、裸眼の時と同様にものの大きさを捕えることができます。
仕事などで、困ることも減るでしょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ここに注意!コンタクトの正しい使い方.All rights reserved.