目の医療器具のコンタクトは、メガネに比べて広い視野を得ることができます。裸眼同様の視野になります。

ここに注意!コンタクトの正しい使い方
ここに注意!コンタクトの正しい使い方

目に対する医療器具であるコンタクトなら視野が広い

ここに注意!コンタクトの正しい使い方
動物の中で、馬などは目が顔の横についています。
するとどうなるかです。

前方は見えるでしょう。さらに横も見えます。
そして後ろも見えることになります。
これらの動物は、後ろから急に襲われることがあります。
となると、後ろも見えていないと困ります。
最初はもっと前についていたのかもしれませんが、徐々に横に移動して後ろも見えるようになったのかもしれません。視野は広いほど生活がしやすくなります。
他の動物でも同様の話です。

人に関しては、前方が見えるようについています。
前方はよく見え、横はなんとか見えます。
後ろも、斜め後ろぐらいがかろうじて見えます。
しかし真後ろは見えません。うまく使えば、斜め後ろから前方にかけて見ることができることになります。
この時、視力が悪い時は、医療器具としてメガネを用います。
メガネに関しては、目の前につけますから、前方に関してはカバーしてくれます。
横をみてみるとメガネはカバーしてくれていません。

斜め後ろも同様です。

前方に関しての視野は確保出来ますが、横や斜め後ろは裸眼の状態になります。
コンタクトレンズならどうかです。

眼球に合わせて動いてくれますから、前も横も、そして斜め後ろも見ることができます。
裸眼の時の視野をそのまま得ることができます。
さらにメガネの時は、フレームがあります。
フレームがじゃまになることがありました。
フレームもありませんから、視野がさらに広がることになります。
より目を使うことができます。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ここに注意!コンタクトの正しい使い方.All rights reserved.