最近コンタクトにも様々な種類が出てきています。医療用品なので、使い方によって眼病になる可能性もあります。

ここに注意!コンタクトの正しい使い方
ここに注意!コンタクトの正しい使い方

医療におけるコンタクトの使用について

ここに注意!コンタクトの正しい使い方
医療において、コンタクトはメガネと同様に普及されていますね。最近では、様々に種類があって、視力矯正のためだけではなく、カラーコンタクトによって瞳の色を変えたり黒目の大きさを大きくするなど、美容やファッション感覚で手軽にコンタクトを楽しんでいる方が多いです。

但し、このコンタクトレンズは全て直接目の中に入れるものですから、正しい着用方法をしないと、大変な事になりますよ。

まず視力矯正のコンタクトにはハードとソフトがあります。
ソフトはハードに比べて目の異物感が感じにくいのですが、耐久性がなく、長時間装用には向かないですね。ハードは一方で、異物感がありますが、その為にかえって眼病が起こった時にも気付くやすいので、眼病が進化することがあまりないのです。

よってソフトのコンタクトをしている方の方が眼病を訴える方ガ多いですね。できればソフトは1デーコンタクトを着用する事をお勧めします

次におしゃれのために使うカラーコンタクトや黒目を大きくするコンタクトですが、これはネットなどで簡単に手に入ってしまうのですよね。視力は関係ないからと言って安易にコンタクトを購入し使用すると、医師からの指導がない状態ですから、眼病にかかってしまう確率が高いのです。

実際に失明した事がある方もいるようですよ。おしゃれのためだけにコンタクトを使うのは自由なのですが、自らの体を守れるのは自分だけという意識を持って、コンタクトは医療機関での購入をし、規則を守って正しく装用しましょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ここに注意!コンタクトの正しい使い方.All rights reserved.